1/72 Sボート 第8郡所属艦 S-93【ドイツレベル】

Sボート、ドイツ語では「Schnellboot(シュネルボート)」と呼ばれるこの高速艇は、第二次世界大戦中にドイツ海軍が使用した高速戦闘艇である。イギリスではこの艇を指してEボートと呼称したが、これは「Enemy」にちなんだものである[1][2]。”Eil boot”の可能性もあるとされる。 Sボートはきわめて高速の艦艇であり、40ノット以上で巡航し、またその木製船体は磁気機雷原を無傷で横断可能であることを意味した。この艇は外洋によく適合し、また約700海里と、アメリカ軍のPTボートやイギリスの高速魚雷艇よりも相当に長距離の航続能力を備えた。結果として、イギリス海軍はよりよく適合したバージョンの高速魚雷艇を開発し、これはフェアマイルDの船体設計を用いることとなった。シュネルボートは通商破壊などを行っており、Uボートに次ぐ戦果を挙げたといわれている。 「Sボート」(2016年05月05日 (木) 19:00 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 URL: http://ja.wikipedia.org

 

製作動画: https://www.youtube.com/playlist?list=PL3h42gwFZL2UlxBKa3FP5DmKUulF4oth4  

ホビコム月例コンテスト(2016年5月応募分) で優秀賞を頂きました。

DSC_0024 DSC_0025 DSC_0026 DSC_0027

ドイツレベル 1/72 Sボートです。以前一度作成しましたがその際は素組みでしたので今回はエッチングパーツを多用して作成してみました。使用したのはグリフォンモデルのエッチングパーツおよび挽物砲身です。

DSC_0028 DSC_0029 DSC_0030 DSC_0031   DSC_0032 DSC_0033

木甲板は桐のとつ板をレーザーカットして使用しました。旗はカラーレーザープリンタで印刷したものを使っています。

 

DSC_0034 DSC_0035 DSC_0036 DSC_0037

台座にはガラスエッジのアクリル板をレーザーでカットして組み合わせてみました。

DSC_0039 DSC_0040 DSC_0041 DSC_0042 DSC_0043 DSC_0044 DSC_0045 DSC_0046 DSC_0047 DSC_0048 DSC_0049 DSC_0050

ウェザリングはエナメルブラック、ブラウンや油彩を使い錆を表現しています。初めてスポンジチッピングをやってみましたが簡単で自然な表現が出来てよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です