1/350 重巡洋艦 利根【タミヤ】

1/350 重巡洋艦 利根【タミヤ】

 

利根(とね)は、大日本帝国海軍重巡洋艦利根型重巡洋艦(二等巡洋艦利根型)の1番艦[2]。その艦名は二等巡洋艦の命名慣例に従い、関東地方を流れる利根川からちなんで名づけられた[3]。この名を持つ帝国海軍の艦船としては2隻目[4]。艦前部に主砲塔4基を集中し後部を飛行機発進甲板・水上偵察機待機所とした[5]、第二次世界大戦当時としては珍しい艦型である。艦内神社香取神宮である。

(2017年06月11日 (日) 19:45 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 URL:HTTP://JA.WIKIPEDIA.ORG

 

1/350 タミヤキット 利根を作成しました。

何度か中断をしていたため完成に随分と時間がかかってしまいましたがなんとか完成しました。

台座は去年作成したSボートと同様にガラスエッジアクリルをレーザーカットして作成しています。

エッチングはライオンロアのエッチングセットを使いました。

リノリウム甲板はモールドを掘り直して0.2mm真鍮線を貼り付けています。

 

張り線はメタルリギングを使っています。

以前は伸ばしランナーやドールのウイッグを使っていましたがよく破損していました。

メタルリギングは取り付け時のハンドリングが良く、強度もあるので非常に使いやすいです。

煙突側面の偵察機のパーツはキットのあまりを流用しました。

良いアクセントになってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です