1/144 U-BOOT XXI型(ドイツレベル)

1/144 U-BOOT XXI型(ドイツレベル)

 

 

大西洋の戦いでは、進歩を続ける連合国の対潜部隊に対し、ドイツ潜水艦隊の主力だったVII型やIX型 などの従来型潜水艦は、性能的に不利な状況に追い込まれていた。

この状況を見た海軍総司令官カール・デーニッツはそれまでのVII型、IX型を主力とした潜水艦の建造計画を大きく変更し、全力で水中高速型潜水艦を建造することとした。早期の戦列化を可能にするため、艦体の設計はヴァルター機関を動力とした水中高速艦として設計されていたXVIII型のものを流用している。艦体は円筒を上下につないだような形をしており、水中航行用の蓄電池を多数搭載しても十分な艦内容積を確保することができた。多数の蓄電池と新たに開発されたモーターの組み合わせにより、本型の最大水中速力は当時の潜水艦としては桁外れの17.5ノットに達した。その後1945年4月までに288隻の建造が予定された。

建造に際しては徹底したブロック工法が採用されており、32カ所の造船所および鉄工所で建造された船体を11カ所の造船所に集めた上で艤装工事を実施し、さらに艤装の完了した船体を3カ所の造船所で組み立てるという体制で建造された。

1番艦は1944年5月に竣工し、それ以降も続々と竣工していったが、燃料不足や、乗員の訓練や頻発した初期不良の調整に手間取ったため、出撃できたXXI型は少数にとどまり、終戦までの間の戦果、戦歴等はほとんどない。しかし、水中行動を主とするこの型の設計思想は、アメリカ海軍のアルバコアやソ連海軍のズールー型潜水艦など、戦後多くの国の潜水艦の設計に影響を与えた。また、戦後に接収した本型を使用して行われた対潜訓練では、当時最も優れているといわれたアメリカ・イギリス海軍の対潜部隊を持ってしても本型を探知できなかったという逸話が残っている。

 

「UボートXXI型」(2015年06月12日 (木) 22:00 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 URL: http://ja.wikipedia.org

 

c73fc202 6ec18b6d 54473b28 cdde4890

Uボートというと映画でもおなじみ、VII型がとにかく有名ですがXXI型は第二次世界大戦で実在したとは思えない現代風の外観をもった潜水艦です。

例によっていつどこで買ったか覚えがない罪キットの中から引っ張り出してきて作りました。

XXI型をいざ作ろうと思ってもあまり選択肢はないのでおそらく本モデルの1/144ドイツレベルかAFVクラブの1/350あたりでしょうか。

 

5905310e d17cd703 c8bcbe68 0059c142

基本はキットそのままを組んで塗装しています。

ただ何もしないのも寂しいので落下防止の柵を真鍮線で自作してみました。

せっかくなので台座も金属製のものに取り替えています。

 

 

d6f392fe

 

潜水艦は超絶ディテールが要求される船モデルの中でも手軽に作れて存在感もあるので良いですね。

船モデル作ってきたぜ(ドヤァ って言えるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です